Biography


【Caroco(かろこ)】

アコギ弾き語りシンガーソングライター/ボイストレーナー。
福島県出身、宮城県仙台市在住。1989年生まれ。牡牛座。O型。
音楽好きの両親の影響で、音楽がごく身近にある少女時代を過ごす。
16歳、あるオーディションの最終選考に残るも、惜しくも落選。それを機に奮起しギター、作曲を始める。
2007年、仙台市で開催された「Coca-Cola Dream Stage 2007」にギター弾き語りで出演し、審査員特別賞を受賞。

高校卒業後、仙台に活動拠点を移す。
2009年6月、Zepp Sendaiで開催された「GIRLS ROCK QUEEN FINAL AUDITION」でグランプリを受賞。
2010年6月、アーティスト名を「ミカ」から「Caroco」へ改名。
とっておきの音楽祭オムニバスCDに「町は戦場じゃないの(作詞/冨田 佳支子)」に作曲と歌で参加。
2011年11月リリースのオムニバスCD「東北NOTES~被災者が思う」に「再生」が収録される。
2012年春にリリースされた在仙アイドルユニット「東北発信源ユニット SPLASH」のシングル「あいのうた」に作詞を担当。

1stミニアルバム「一期一会」(2012年2月29日リリース)に収録されている「シルバーリング」は「仙台ガーデンパレス」のブライダルイメージソングとしてテレビCMで現在も使用されている。
2014年、「食の力 × アイドル」をコンセプトに地域活性を目指す東北のパフォーマンスユニット「POEM」に詞(曲名:KEEP IT UP!)を提供。

現在、仙台・福島を中心にライブハウスや様々なフェスティバルなど弾き語りで活動。
関東や関西地方でのライブ活動も行い、ラジオのパーソナリティーを務めるなど、精力的に活動の幅を広げている。
ゴスペルグループ「Love never fails」のクワイアとしても活動中。

また、これまで培った経験を活かした歌唱指導(カラオケ指導)と、解剖生理学に基づき行うボイストレーニングは多くの生徒から支持を得ており、ボイストレーナーとしても頭角を現している。


「かわいさ」よりも「かっこよさ」を好み、時に男性的な激しいプレイを見せる。
ビジュアルに捕われない”音で勝負”することをモットーにしている。
尊敬するアーティストは「ウルフルズ」。
様々なジャンルを歌いこなす表現力豊かな声とメッセージ性のある歌詞は、聴く人の心へ語りかける。

 

2016年11月14日現在